株の初心者へおくる基礎知識

投資をするとなれば、それには色々な考えがあるし、不動産投資など色々な方法があります。

その方法の一つとして株式投資があります。

株式投資といえば、なんとなく大掛かりな投資の様な気がして、儲かったという話も聞くけど、失敗した時の不安の方が大きいと考える人も少なくないでしょう。

株式投資をほとんど知らない初心者となれば、簡単に始めようと言う感じにはなりませんよね。

株式投資とは、どの様な投資なのでしょうか?

株を全く知らない初心者の投資家は、株式投資の仕組みについてなど、基礎知識について勉強をしていきましょう。

株式投資をするにはまず株式について知らなくてはなりません。

株式というのは、ある企業を設立する場合に、資本金が必要になりますが、この資本金について、設立者が自分以外の人から集めることがあります。

資本金はいくらあったら足りるかというのではなく、できるだけあったらその分会社の規模も違ってくるということもあって、いくらあっても事足りないともいえます。

株式会社の場合、株式を会社が所有しているのですが、株式を買ってもらうことで会社の資本金にすることができます。

株式を買う人はその会社の発展を予測し、買った時の初値よりも価値が上がると信じます。

会社の資本金を出して、自分の株式の価値を上げる、自分の所有する株式を売買して利益を得る、これが株式投資です。

株式はどの様に買えばいいのかといえば、日本では6つの証券取引所があり、その中でも最も有名なのは日本最大の東京証券取引所になります。

これらの証券取引所では同じ様な種類の株が取り扱われているのではなく、それぞれの証券所では一部上場企業など一定の基準に基づいて取り扱いが決まります。

初心者が株式投資をするのであれば、まずは株式についてをよく知る事が大事です。

例えば経験値を得る方法として、実際の株価に即したトレダビ – K-Zoneという株投資ゲームがあります。

このようなシミュレーションゲームで相場の判断をしたり、銘柄選び、そして売り買いの経験を事前にある程度重ねておくことが出来るのです。

この段階で失敗をしてもゲームなので実際の損はありません。

ですから多少大胆な判断をして、どのような結果となるのか試してみるのも一つだと思います。

株式投資を始めるとなると、損をすればダイレクトに自分の貯蓄に影響が出ます。

損ではなく利益を得るために、適した判断を行えるよう自分の知識を増やしていきましょう。

Welcome , today is 火曜日, 2017年9月26日